クリエイション江口|石川県、小松市、南加賀の新築住宅・リフォーム・改装のことはお任せください

クリエイション江口|子どもが育つ家

資料請求
2223456
img01

地盤
地盤調査
躯体や基礎をどれだけ強固にしても、それを受け止める地盤に耐力がなければ、強い住宅とはいえません。建物の重量に耐えられない軟弱な地盤ではやがて不等に地盤が沈んでいき、建物に歪みや傾きが生じたり、地震や台風などの外力に耐えきれなくなる場合も出てきます。クリエイション江口では、専門会社に委託し、全棟に「スウェーデン式サウンディング調査」による地耐力調査を実施し、その結果をふまえ、土地にあわせた最適な基礎や構造にする事によって耐震性の高い住宅ができます。また必要に応じて各々の地盤に最適な補強工事を行います。
地盤補強の方法
布基礎やべた基礎では対応しきれない軟弱地盤では地盤補強を行い、もともとの地盤を強くするか、あるいは強い地盤まで杭を打つなどの地盤補強が必要になってきます。地盤補強の方法には、大きく分けて3つの方法があり、軟弱地盤の深さによってその工法を使いわけます。
基礎
基礎
クリエイション江口では、地盤調査の結果を踏まえ、その土地やこれから建てようとする家の規模・構造・強度に最適な基礎形式を選択しています。
ベタ基礎(フルベース基礎)
建物の外周部の立ち上がり部分と、それに囲まれた建物の下部全体を鉄筋コンクリート造りの板状にしたものとを一体化し、強固に接続させるものです。一般的な布基礎に比べ、地盤に接する面が大きいため、地耐力3t未満の場合に不動沈下(建物が不揃いに沈下を起こすこと)を防止する効果があるとされています。
1.5~2倍の換気性能
床下の湿気を排出して理想的な床下環境をつくり、基礎コンクリートと相性の悪い木質土台部分を絶縁します。理想的な床下環境をつくることで、腐朽菌やシロアリの発生を未然に防ぎます。Jotoキソパッキング工法
※べた基礎は万全ではありません。
阪神大震災以降、布基礎よりベタ基礎の方が地震に強いという考えが普及し、現在では基礎形状の主流がベタ基礎に移行しつつあります。しかし、ベタ基礎にさえすれば、すべての軟弱地盤に対応できるというわけではありません。ベタ基礎が有効に作用するためには、軟弱地層の厚さが急に変わらない、地耐力が地盤全体で一様であるなどの条件があります。クリエイション江口では、あくまで地盤調査の結果にもとづき、地耐力と地質等を考慮して採用していきます。

 

断熱工事
フォームライトSL
壁断熱施工

クリエイション江口が提案する「断熱・気密の効果が充分に発揮でき、その効果を永続的に維持できる断熱工事」はウレタンフォームを用いて住宅の隅から隅まで、家全体を隙間なく覆う

「フォームライトSL」

です。
無数の細かい独立気泡で構成されたウレタンフォームの特性を大いに発揮し、グラスウールの2倍以上の断熱効果。
吸水性も少なく、断熱材内部に外部の空気を侵入させない。
これらの優れた効果を永続的に保ち続ける理想の工法です

天井断熱施工

   現場発泡 高気密性能 熱伝導率0,034W/m・k

強力な自己接着力で構造体に密着し複雑な形状にも断熱材を隙間なく充填することができるため、高い気密性能を発揮し、隙間からの熱損失を大幅に軽減します。

断熱(現場発砲)のしくみ

断熱性能の維持 経年変化が小さい
断熱性能の初期値と経年変化の差が小さいのも連続気泡フォームの特徴です。また優れた柔軟性を持ち、構造体の収縮や振動にも追随作用が働き隙間を出来にくくします。
吸放湿作用 呼吸するセル
強力な自己接着力で構造体に密着し複雑な形状にも断熱材を隙間なく充填することができるため、高い気密性能を発揮し、隙間からの熱損失を大幅に軽減します。
空気環境を守る ノンホルムアルデヒド
ホルムアルデヒド等の揮発性化学物質を含んでいないため、厚生労働省が定める建材のホルムアルデヒド発散規制の対象外です。

 

hosyou112135456